2021年9月12日

チロルの繁殖犬(男の子)

イングリッシュコッカースパニエルの男の子たち

ブルーローンのアンディ君

イングリッシュコッカースパニエルのブルーローンのイケメン君です。
アメリカチャンピオンを父に持つだけあってとっても美しい容姿。性格は明朗快活でノリの良いラテン系といった感じでおちゃめなんです。

優秀な繁殖犬だけあってとっても女好きな性格ですね。飼い主にそっくりです。

引き締まった筋肉質な体型と適度な毛量で、美しい被毛をなびかせて疾走する姿は見とれてしまうくらいカッコ良いです。

交配も随時承っておりますので、かわいい子を紹介してあげてください。

遺伝子検査も済んでます。

  • 常染色体劣性遺伝腎症
  • 黒色被毛形成異常症
  • 進行性網膜桿体-錐体変性症
  • フコシドーシス
  • ホスホフルクトキナーゼ欠損症

ブラックタンのトミー君

トミー君は珍しいブラックタンのかわいい男の子です。
スタッフに名付けられたトミー君ですが実はその名前の由来は梅沢富美男さんから来ています。本当は渡部篤郎さんが良かったそうですが、なぜかトミーに(笑)
そして意外なことになかなかシャイなので女の子と打ち解けるのにちょっと時間が掛かります。ちゃんと仕事はするんですけど、いちいちお伺いを立てる感じが見ててもやっとしますね。

入舎した時は痩せこけて貧相な見た目でしたが、予想以上に良い子に成長しました。

ただこちらのトミー君は残念ながらPRAのみキャリアなので、お相手がPRAキャリアの場合交配は受け付けられません。

それ以外の項目はすべてクリアなので問題はありませんがご注意ください。

イングリッシュコッカースパニエルの遺伝子検査について

チロルではインギーとスプリンガーはオリベットという海外の遺伝子検査機関にお願いしていますが、それ以外の犬種、猫種についてはバイオアート、veqta、アニコムで検査しています。
なぜインギーやスプリンガー(Aコッカーもでした!)は海外の検査機関で検査するかというと、国内の検査機関では対象犬種でないことが多く、あったとしても検査項目が1つか2つしかないからです。

オリベットならコッカー、スプリンガーは5項目でコートカラー形質までわかってしまうので重宝しています。
表記が英語のみなのが難点ですけどね。

まあそれでもキャリアやアフェクテッドは一目瞭然ですし、安全な繁殖ができる方が良いですからね。